腱鞘炎の総合情報サイト

全国からこうして痛めた、こうして治ったをご紹介

運営者

プロフィール 腱鞘炎の症状に悩む方々、はじめまして腱鞘炎歴3年の管理人です。
私の腱鞘炎は育児によって発症しました。主人の仕事の関係で、実家から離れた場所での生活だったので、周りに育児を手伝ってくれる人もいなく、毎日毎日常に抱っこしていたら、手首に何か違和感を感じ始めました。
「腱鞘炎かな?」と思ってはいたのですが、子を抱っこしないわけにもいかないので、そのまま何の対策もとらず育児していました。(この時に無理しなければと今でも後悔しています・・)

その後案の定、手首の腱鞘炎であるドゥケルバン腱鞘炎になり、だましだまし現在まで過ごしています。
手術はしていませんが、冷やしたり温めたり、しっかりケアする事で普通に生活して、こうしてパソコンのキーボードを打つことも可能になっています。

腱鞘炎の症状を悪化させないためには、手や手首を使いすぎないことはもちろん、ケアがとても大切だと感じています。
当サイトの情報でみなさんの腱鞘炎の症状が少しでも緩和されたら幸いでございます。

下記は当サイトが推奨するサポーターです。
手首のサポーター
日常生活用、スポーツ用と分かれていますので、用途に合わせて使用することができます。
詳しくはこちらへ

手術以外に腱鞘炎を治療する方法