腱鞘炎の総合情報サイト

全国からこうして痛めた、こうして治ったをご紹介

冷やして腱鞘炎治療

冷やす痛む腱鞘炎患部を冷やして治療する方法で、俗にアイシングと呼ばれています。
野球選手のピッチャーが試合後に肩に何かつけているのを見た事があるかと思いますがあれはアイシングしているのですね。
アイシングの効果は同じ動作を繰り返して熱を持っている場所を冷やしてあげる役割があります。

例えば車だったら、エンジンを冷却するクーラントオイルというのがありますが、もしエンジンを冷やさなかったらオーバーヒートしてしまいます。
腱鞘炎になる方も、手首などを酷使することでオーバーヒートしてしまっているのです。

そこでオーバーヒートした箇所を冷やしてあげるわけですが、冷やす前に知っておいてほしい事があります。それは基本的に人間の体を冷やすのは良くないことが多いということです。

例えば走りこんでお腹周りが熱くなったので冷やして良いのかというと、あまりよくないのは明白ですね。お腹を冷やせばお腹が痛くなったりしてきます。これは体の中の臓器なども冷やしていることが原因です。

手首を冷やす場合でも痛い箇所だけ冷やされているわけではありません。その周辺も冷やしてしまっているのです。冷やす作業を何時間も続けるのは決して良い方法だとは考えにくいです。

手術以外に腱鞘炎を治療する方法