腱鞘炎の総合情報サイト

全国からこうして痛めた、こうして治ったをご紹介

温めて腱鞘炎治療

温める基本的に人間の体は温めると血行がよくなります。スポーツ選手が競技を始める前に準備運動やストレッチするのも体を温めて血行を良くして滑らかな動きができるようにストレッチなどをします。

車で例えるとエンジンをかけてすぐに走り出すより、少しエンジンを温めてから動かした方が滑らかな走りができます。長寿の島として知られている沖縄もやはり温暖な気候であるがゆえです。

体を温めるにはいつもより長めにいつもより少しぬるま湯のお風呂に入ったり、体操、ストレッチで体全体を温めて血行を良くしたりします。

腱鞘炎治療で一番効果があるのは、手や手首を使わないことですが、忙しい現代人にとっては手を使わないなんて無理な事です。
仕事をしている人ならば腱鞘炎の症状がどんなにひどくても、周りは腱鞘炎のため長期休暇を取ることに良い顔はしません。

少しでも腱鞘炎の治療になるのは、動かした後に短時間冷やして熱を取り、その後患部を温めるのが効果的な方法だと考えています。

手術以外に腱鞘炎を治療する方法